Make your own free website on Tripod.com

 "Dissertation" って何だろね・・

 普通、マスターコースでは修士論文を書かなければなりません。

 文量は学部によりけりですが、大体 10000 から 20000words

 といったところです。

 実際に取り掛かるのは、コースワークの終わった初夏ぐらいからですが、

 題名等は4月ぐらいには決めていなければなりません。

 一番簡単、いやスムーズに書く方法は、良い先生を選ぶ事です。

 あたりまえ?いやここにコツがいるのです。

 ボクの良い先生はなぜ良いか。それは、長い経験があり(要は若くない)

 忙しい先生だったということです。

 ですから、実際先生はボクの書きたいことを自由にかかせてもらいました。

 ボクの周りで、若くやる気一杯の先生についてもらっている人を

 しっていますが、大体の人が先生が厳しい厳しいとぼやく羽目になります。

 (そういうのが好みの方はどうぞ。)

 ボクは修論の題名をその先生の授業の中から選びました。

 ですから、先生はボクが何を書くか、どのような結論になるか、

 最初のミーティングの段階でわかっていました。

 あまり、新しいことを修士論文のレベルでやろうとすると、

 卒業が遅れる羽目になります。

 博士課程をとるときまで、とっておきましょう。

 ここまできたら、後はエッセイの時と同じです。アウトラインをつくり、

 それに添って書くだけです。

 但し、本はしっかり沢山読みましょうね。

 これで最後だ! エンジン全開!!!gammbaru man

 がんばって!

 ちなみに、これがボクの論文


home

以下の留学関係の広告は当ページとは関係ありません。留学は「自分で」できる。